心臓手術を乗り越えました!

こんにちは(*^^*)  看護師の村田です。
今回は、名古屋市千種区にある「茶屋ヶ坂動物病院さま」で
うちのワンコの心臓手術をしていただいたお話をしたいと思います。

私は心臓疾患のある7才の♀のチワワを飼っています。
その疾患名は「僧帽弁閉鎖不全症」と言います。

初期症状としては、
・咳が出る・疲れやすい

などの症状が、初期段階でみえ始めました。
しかし、この数年は病気の進行がとても早く、
心臓病が原因で引き起こす「肺水腫」に何度も繰り返しかかっていました。
この「肺水腫」はとても危険な病で、肺に水がたまってしまい、
うまく呼吸が出来なくなってしまう病気です。
その度に何度も生死をさまよいながら辛い生活をしていました。

はんなの心臓薬は1日4回で、決められた時間も回数も欠かすことは出来ません。
しかし利尿剤や心臓薬の用量も限界にきてしまい、
長く薬を服用しているため薬剤耐性ができ、頼りにしてきた薬も効かなくなっていました。

そんな困り果てている時に、こちらの患者さまから「茶屋ヶ坂動物病院さま」をご紹介頂きました。
自分の家族とも相談し、ついに心臓手術をうける事を決意しました。

心臓手術は私自身、どんな痛みなのかも想像がつかないですし、
はんなにとってはすごく体力のいることで、なにより術後はすごく痛いと思います。
言葉も通じない「動物」のため、当たり前ですがその痛みの理由すら説明することができません。。。(*_*)

しかし、今から2か月前に「茶屋ヶ坂動物病院さま」で心臓手術を受け、1日2回の薬は欠かせませんが、今ではごはんもモリモリ食べて元気に過ごしています(*^^*)

おざわどうぶつ病院の院長、伊澤先生、先生方、スタッフのみなさん、
茶屋ヶ坂動物病院の金本先生、三原先生、先生方、スタッフのみなさま
懸命に治療をしてくださいました。
本当に感謝をしてもしきれません。
ありがとうございました。

これからもはんなとの1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。
今年は皆さんにとっても良い一年になりますように。

私のように心臓疾患のあるペットを飼われている方もたくさんいらっしゃると思います。
「お力になれることがあれば!」と思っておりますので
当院にご連絡していただければと思います。
宜しくお願い致します。(*^^*)

カテゴリー: スタッフより   パーマリンク

コメントは受け付けていません。